札幌突兀会の概要


■ 突兀会の名前の由来
故田島和夫記(東高11期)
 
  旧制旭川中学校の校歌の出だしに、「突兀(こつ)七千有余尺大雪山は巍然たり」とあります。
 その校歌については、恩師でありかつ同窓(旭中30期)の栃木義正先生が平成6年に出版された「突兀七千有余 尺―旭川中学校校歌雑考」に詳しく書かれています。
  その中から引用させていただきますと、「突兀」とは山、岩などの険しくそびえているさま、また、他より抜きんでている高いさま、とのことです。

 また、札幌突こつ会30周年記念誌(平成2年)の座談会記事で小野寺彰さん(第6代会長、旭 中33期)が述べていられますが、旭川を象徴するものとして、六華会(札幌一中、南高同窓会)、輔仁会(札幌二中、西高同窓会)と同じように包括的な名前 にしたとのことです。(注、今回より突こつ会の表記は、本来の漢字に戻し、突兀会に統一しました。)
 
設 立 1960年(昭和 35年)
会員数 約4,000人
資 格 札幌市および近郊に住み、旭川中学、同夜間部、旭川東高、同定時制を
卒業および在籍した者
会  費 現在のところ総会参加費と広告料で運営
年 間行事 総会・懇親会、ゴルフコンペ、各種部会活動、定期役員・幹事会(年3回)
会  長 田村康史(東18期、たむら内科クリニック)
※ 参加希望の方は、TOPページ最下部にあります札幌突兀会ホームページ事務局までメールでご連絡願います。


変更履歴
日付
項目


平成
25年
10月
26日

会 費
なし(総会参加費と広告料で運営
現在のところ総会参加費と広告料で運営
年間行事
総会、ゴルフ大会、
定期役員会(年4回)

総会・懇親会、ゴルフコンペ、各種部会活動、
定期役員・幹事会(年3回)

最下部※
参加希望の方は、〜中略〜
資料を郵送いたします。

「資料を郵送いたします。」を削除



inserted by FC2 system